推薦#1
株式会社 A-DOS

業 種:
コンサルティング
店舗数:
-

株式会社 A-DOS代表取締役福本 晃 様

人間にしかできないことに集中しよう!

AI、シンギュラリティ―と様々な技術の発達が、人間社会を次のステージに変えようと日々進化を続けています。リユース業界においても、目利きAIやネット自動出品など様々な技術の進化による環境の変化のスピードが、断然速くなっています。
特に、中古相場データは以前は、最後はバイヤーの経験と勘によって支えられてきました。ところが、海外相場も含めて1円単位の相場は、人間の能力だけで把握するのは厳しく、システムによってのフォローがあった上で、判断した方が格段に成果につながります。
全てをシステムで解決できるわけではないですが、システムに任せた方がいい分野と人間にしかできない分野が2極化してくると思うのです。
20年間、リユース業界のコンサルティングをしていて、今ほどパラダイムシフト(価値観の大転換)が起こっているタイミングはありません。
人間にしかできないことは何か?を問われている時代だと思うのです。
逆に言えば、システムにできることは、どんどん任せていった方がよいと思います。
この大変革期に、どう舵を切るのかは本当に難しいことだと思いますが、リユース業界が今後より良く、発展していくために、このシステム化、自動化の流れに乗っていかないと本当に取り残されるのかもしれないと考えています。

バイヤー教育の短期化

福本(フクモト): 相場と真贋の2つが買取力の重大な要素でした。特に専門性の高い分野は、長年の経験と勘によって支えられてきました。ところが、相場についてはベテランバイヤーよりも、システムやインターネットを上手に使える人材の方が、精度の高い相場を出せる時代に変わりました。素早く正確に中古相場を把握する分野については、システム導入により圧倒的に短期間化されています。今までの勘と経験の世界から、解放されて、新人スタッフでもシステムを使いこなせれば、正確な相場情報を瞬時に得ることができます。

業務の見える化で人が育つ!

福本(フクモト): 業績を上げる最重要評価指標をKPIと言いますが、このKPIはリユースの場合、人時品出し金額です。1時間当たりにどれくらいの商品を売場もしくはネットに出品できたか?という指標です。これらも把握されている企業はありますが、なかなかアナログで把握すると現場負担も大きいのが現実です。これらもシステムでカバーし手間をかけず把握できるようになりました。スタッフ別に人時品出し金額を把握し、仕事量を見える化した上で、どの分野の何が足りていないのか?逆に何を出しすぎているのか?といった、労働時間のコントロールにも使えます。また、バイヤーごとの買い取った商品の消化率を把握することにより、買い取った商品や販売金額は適正だったか?という“答え合わせ”が瞬時に正確にできます。この答え合わせをスピーディーにできることにより、より買取精度は飛躍的に向上します。

リユース企業と業界の未来のために!

福本(フクモト): 企業業績を向上させるのが、私たちコンサルタントの一番の役割です。この根本にあるのは、その先にいらっしゃる生活者の喜びを増やすことがです。喜びが増えないと、企業は業績向上しません。一部の報道では、ある同じ宝石3点を26店舗で売却しようとした所、一番高いお店と安いお店で5倍の開きがあるという記事がでていました。生活者はこれを見てどう思うでしょうか? 全く同じということは不可能だとしても5倍の開きは、生活者の不信感を膨らませ、リユース業界ってうさんくさくて信用できないよねという事になりかねません。
要するに、リユースの販売・買取サービス全体が生活者にもっと喜ばれるように進化しないといけないのです。特にリユースショップを利用されていない日本の60%の層が、どうしてリユースを利用してくれないか?という点が業界全体の課題です。不用品はある資料によると7.6兆円日本に眠っていると言われています。この膨大なマーケットをどれくらい掘り起こせるか?はリユース企業の腕次第です。
リユースの未来を本気で考えていらっしゃる企業様は、ぜひこのシステムをご検討頂けたらと思います。

株式会社 A-DOS
〒600-8176
京都府京都市下京区 烏丸通り六条下ル北町184番地2
https://www.facebook.com/株式会社-A-DOS-218485212058066/

元船井総研上席コンサルタント。流通小売業界、住宅不動産業界、通販業界、飲食・食品業界のコンサルティングを経て、2000年に、リユース業界向けコンサルティング部門を立ち上げ、全国各地に600店舗のクライアントを持つ部門に育てる。リユース業界のエキスパートとして、株式上場企業など数多くの急成長企業を作り出してきた。後、2017年2月に船井総合研究所を退職し、2017年3月にコンサルティング会社(株式会社A−DOS)を設立する。 現在、「企業の“あり方“と”やり方“をつなげて、“理念“を”利益“に変える」をモットーにコンサルティングを行っている。リユース業界向けには、TRCコンサルティングを立ち上げ、リユース企業への幅広い支援を行っている。

導入事例トップに戻る

さぁ、あなたのお店にもReCOREを。
まずは導入相談してみませんか?
ReCOREの導入をお考えの方、実際に試してみたい、見積り欲しいなどのご要望を
チャットやメール・お電話など、豊富な相談窓口であなたをサポートします。
何かお困りのことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ >