ファイルのダウンロード/アップロードに関するアップデート

アップデート内容


・ファイルのダウンロード/アップロードに関するアップデート


以下の詳細をご確認くださいませ。

 

詳細

1.各種リストをCSVでダウンロード、CSVで一括アップロードできる箇所全てに関わる変更

これまで、買取販売ケースリストや在庫商品等の、ReCOREから抽出できるデータ、およびアップロード可能なデータにつきましては、全てCSVとなっておりました。※
今回の改修により、CSV形式ではなく、エクセル形式にてダウンロード、アップロードができる様になります。
これにより、CSVデータをエクセルで開くことで発生していた文字化けなどの不具合が解消され、データ修正の手間を削減できます。
また、誤ったデータのままアップロードを行ってしまい正しい情報が書き換わってしまった、というミスを減らすことができます。

これまで通りCSVをお使いいただくことも可能ですが、上記のミスを減らすためにもエクセルでの対応を推奨いたします

※経理レポート、業務レポートを除く

 

2.CSVで一括アップロードできる箇所全てに関わる変更

CSVでのデータアップロード時に、システム上での入力内容チェックが厳密になります。正しい形式に沿ってご入力いただいていない場合はエラーとなります。
一度ダウンロードされたCSVデータを参照の上、配置と項目を確認し、そちらに沿ってご入力ください。

 

3.「買取ルール」「ポイント付与率設定」「価格改定ルール設定」のCSVでの一括設定取り込みについて

カタログを一括追加できるようになるアップデート(参照:カタログページの新規追加アップデート)に伴い、「買取ルール」「ポイント付与率設定」「価格改定ルール設定」にてデータをインポートされた際に、PDコードが新規作成されない様に変更いたします。
PDコードが入力されていない場合はカタログが新規追加されるという挙動でしたが、今後は全てエラーとして処理されます。
なお、PDコードが入力されていて該当のPDコードの商品が存在する場合は、そちらに紐づく設定が上書き保存されます。