こんなお悩みを解決します

宅配買取まで手が回らない

<meta charset="utf-8"><span style="color:#000000" class="tadv-color">宅配買取は作業が多く手間がかかるため、従来の店舗業務に加えての対応が難しい</span>

お客様とのやり取りが遅れがち

お客様とお電話やメール、SMSでのやり取りが遅れたり漏れたりすることで、お客様をお待たせしてしまうことがある

本人確認に手間がかかる

宅配買取での本人確認は店頭買取時と比べると、郵送でのやり取りがかなり手間。そもそもこのやり方が違法じゃないかどうか分からない

管理が大変

POSシステムと連動していないと、二重で情報を入力、管理しないといけないので大変かつミスが発生することがある

ReCORE宅配買取システムの特徴

1. 査定結果確認&電子契約ページ発行機能

お客様が査定結果を確認するための専用ページが自動生成され、URLを自動送付(※特徴2参照)することができます。お客様はスマートフォンやタブレットから結果を確認し、取引内容に同意のうえ署名を行うことができますので、ペーパレスでの取引が可能!

2. メール/SMSを使ってユーザーへの連絡を自動化

申込みや査定の完了など、宅配買取ケース上のステータスが変わったタイミングで、メール/SMSを経由し、お客様に自動的にメッセージを送付することができます。これにより、お客様への連絡遅延や漏れを防ぐことができ、かつ店舗スタッフ様の手間を削減することができます。

3. eKYC連携

宅配買取において、最も手間がかかる作業である”本人確認"作業を、eKYCという電子本人確認システムを利用することで、法令に遵守した方法で全てオンライン上で完結することができます。店舗側での作業が効率化されることはもちろん、お客様自身の作業も軽減することができます。

4.ヤマト運輸の集荷依頼を自動化 格安宅配キットが利用可能

宅配買取の申込みがあった際、自動でヤマト運輸のシステムと連携し、自動でドライバーがお客様の自宅まで荷物を取りに伺います。またその際に、梱包資材も同時にお届けするので、スタッフ様は店舗で商品の到着を待つだけでOK。

(※こちらの機能は現在開発中のものとなります。)

注目機能 !! eKYC本人確認の流れ

これまで宅配買取における本人確認は、本人限定受取郵便を利用するなど、かなりの手間が発生しておりました。
またそれだけでなく、法律の厳格化により、これまで実施していた方法が違法になっている可能性もございます。
ReCOREに連携のeKYCという電子本人確認システムを利用すると、オンラインで法令を遵守した本人確認を約1分で実施することがでる様になります。

  • eKYCの起動

    まずは、査定結果画面より売却したい商品を選択のうえ、「本人確認情報の入力へ」に進みます

  • 身分証の選択

    免許証、またはマイナンバーカードのどちらかを選択します(顔認証が必要であるため、健康書検証をご利用いただくことはできません。)

  • 身分証および顔写真の撮影

    身分証の表、厚み、裏を撮影の上、画面の指示にしたがって顔写真を撮影ください。

  • 管理画面での確認

    店舗側で、お客様から送られてきたデータに不備がないかどうかを確認します

機能比較表

ReCOREの宅配買取機能は、業務の効率化を強力にサポートするだけでなく、法令遵守の観点からも安心してお使いいただけます。

ReCOREでの運用一般的な宅配買取運用自社開発での運用
査定の効率化
集荷依頼
お客様への連絡
法令遵守

ReCORE宅配買取システム 料金

内容費用
初期費用ReCOREの宅配買取機能をご導入いただく際の初期費用です。ReCOREと連携されている宅配買取申込みフォームの提供も含まれます。100,000円
宅配買取月額費用月々の利用料金です。月額 20,000円 / 1アカウント
SMS
送信費用
査定結果等をお客様にご連絡する際のSMS送信費用です。こちらはオプション機能です。20円 / 1通あたり
eKYC
利用料金
本人確認を全てオンラインで完結することができるeKYCシステムの利用料金です。こちらはオプション機能です。300円 / 1回あたり

※SMS送信とeKYCはいずれも従量課金制となります。

\ お気軽にお問い合わせください /