リユース業務をPOSシステムで劇的改善できるポイント3選

POS(POSシステム)とはPoint of Sales(販売時点情報管理)を略したもので、

商品の売買を行なった際に発生する情報を、取引が行われた時点で記録・集計するシステムを実装したレジのことを指します。

一般的な小売業では広く導入されているので活用されることも多いですが、

小売業に比べるとリユース企業ではPOSシステムの導入が進んでおりません。

その大きな理由としては、リユース企業特有の機能である買取査定という業務が存在することで、

一般的なPOSシステムを無理やり導入しても、うまく運用できないということが背景にございます。

 

しかしPOSシステムを導入することで、売上管理や分析、在庫管理、顧客管理など非常に多くの機能を活用することができ、

経営管理を非常に効率的かつ効果的に行うことが可能になります。

 

経営管理・業務改善に最適なPOSシステムはこちらから

リユース事業で担当者様が直面する課題


・売上・買取・在庫・顧客情報などを紙で管理してい​​る

・買取査定を行うことができるスタッフが限られている

・デジタル化されていないので在庫が管理しきれていない

スタッフの貢献度が見えてこない

・経営数値を正確に把握するには時間がかかる

顧客管理ができていないので販促に繋がっていない

 

リユース企業にPOSシステムが必要な理由とは?


冒頭で紹介したように、POSシステムは売上管理や分析、在庫管理、顧客管理など様々な機能があります。

しかし「POSシステムを導入しても店舗運営に変化があるのか」という疑問をお持ちの方や、

「具体的にどんなことが起こるのかわからない」という方も非常に多いかと思います。

このような疑問は弊社のクライアント様にもよく聞かれるものです。

なので今回はそのような方に向けて、なぜリユース企業にPOSシステムが必要なのかという理由や、

具体的にどのように導入していくのかということをお話させていただければと思います。

 

リユース企業にPOSシステムを導入するメリットとは?


リユース業態の店舗を運営している企業様がPOSシステムを導入するメリットとして、

・店舗運営業務の効率化

・店舗経営に必要なデータの収集と分析

・スタッフの不正防止

などが挙げられるので、それらを1つずつご説明させていただければと思います。

 

①店舗運営業務の効率化

POSシステムではバーコード管理を行うため、会計金額や商品の打ち間違えなどが起こる確率は非常に低くなり、

売上の集計も自動なので圧倒的に効率化することが可能になります。

売買情報や在庫情報のみを記録して管理するというスタイルから、

店舗業務全てを管理効率化するシステムに転換することが可能になります。

すべてシステムで管理を行うため、紙で管理している企業様にとってはペーパーレスにも繋がります。

 

②店舗経営に必要なデータの収集と分析

POSシステムを導入することで、売上・買取管理と分析がリアルタイムで、なおかつ自動でできるというメリットがあります。

POSシステムでは多くのデータを収集・蓄積することができるので、売上金額や買取金額などの基本データから

在庫回転率などの実績データ顧客データ収集し、分析することができます。

 

リユース企業では他の業態よりも、買取から商品化、品出し、販売、鮮度管理という業務をいかにスピード感をもって取り組むことが非常に重要になってきますので、

そのためにはデータの収集が非常に重要になってきます。

 

③スタッフの不正防止

リユース・リサイクル業界はスタッフ自身に販売金額や買取金額の決定権があるため、どうしても不正などが起きやすいという特徴があります。

このような問題を解決するためにPOSシステムを導入することにより、不正防止にも非常に高い効果を発揮します。

ReCOREなどのPOSシステムではレジ作業を行う際にスタッフコードを読み取るなどの機能があるため、

操作したスタッフをすぐに把握することが可能になり、不正の抑止や発見に非常に効果を発揮します。

 

リユース・リサイクルショップにおすすめのPOSシステムとは?


ここまでリユース企業がPOSシステムを導入するメリットを解説してきましたが、

導入するツールによってはこれら以外にも多くの機能・メリットを有しているシステムがございます。

特に現在、株式会社NOVASTOで開発しているリユース向けクラウド型POSシステム「ReCORE」総合リサイクルショップや

買取専門店・宅配買取店・質屋などの幅広いリユース業態で導入が可能です。

一体どうしてReCOREが多数のリユース企業で導入可能かというと、

小売業向けのPOSシステムだけではなく、リユース業態に従事するスタッフでも使いやすいPOSシステムを目指して開発を行ったため、

リユース・リサイクルショップの店舗の従業員の方にとって扱いやすい機能や設計になっているからです。

ReCOREの他社導入事例はこちらから

 

ReCOREでは様々な業態に対応し、なおかつデジタル化を行い店舗運営や顧客体験を強化し、店頭買取機能や買取査定サポート機能はもちろん、

・店頭販売機能

・宅配買取機能

・質管理機能

・在庫管理機能

・顧客管理機能

・LINEミニアプリ連動機能

・EC自動出品機能

・スタッフ管理機能

・KPI管理機能

など多数の機能を搭載しています。

 

ReCOREではクラウドでこれらの機能を管理可能なため、

・紙での面倒な売上管理や顧客管理からの脱却

・在庫管理の効率化の実現

・スタッフの貢献度の見える化し平等な評価実施

・経営数値の最新情報を常に把握

・買取査定業務の属人化を防ぐ

・顧客管理やリピート促進の販促活動

などが可能になります。

 

このようにクラウド型POSシステム「ReCORE」を導入することにより、リユース・リサイクルショップにPOSシステムを導入し、

なおかつ業務を最大限効率化することや企業の業績アップが可能になります。

 

まとめ


現在リユース店・リサイクルショップの経営や、店舗業務の効率化を行いたいという方

リユース業に最適なPOSシステムを導入して業績をアップさせたいという方には次世代型POSシステム「ReCORE」がおすすめです。

下記からReCOREの詳細情報を記載した資料をダウンロードすることができますので、

こちらからダウンロードしてご確認いただき、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

導入相談無料! お気軽にお問い合わせください。

関連コラム一覧