集客に強いシステムの特徴とは?メリットやおすすめツールもご紹介!

店舗集客が上手く行かず、集客システムを利用して集客を強化しようと考えていませんか?

実際店舗経営を行う多くの経営者の方は、

  • 集客システムを導入して自社の集客力を強化したい
  • 集客を自動化して、集客の仕組みづくりを行いたい
  • 集客システムの導入に興味があるけど、いまいち導入のメリットがわからない

などの悩みを抱えているケースも少なくないです。

今回は、そのようなお悩みを解消するために、集客に強いシステムの特徴や活用のメリット、そしておすすめの集客システムをご紹介します。

集客とは?

集客

集客とは「実店舗や自社サイトなどに顧客を呼び込む」ことを指します。

どんなにいい商品やサービスがあっても、集客が上手く行かなければ、売上を向上させることは難しくなります。

このことからもわかるように、ビジネスを成功させるためには、より多くの人に自社の商品やサービスの存在を知ってもらう必要があります。

しかしながら、ビジネスにおいてはこの集客が一番難しいと言っても過言ではないと思います。

次に、この集客を成功させるためのポイントについて確認していきましょう。

集客を成功させるポイントとは?

ポイント

集客はビジネスにおいて、肝となる部分です。

ここからは、集客を成功させる4つのポイントについてご紹介します。

適切なターゲット選定

ターゲット選定

集客のための施策を行う前に、まず自社の商品やサービスのメインとなるターゲットを明確に決めておく必要があります。

年齢・性別・趣味・嗜好など、どのような人に向けて自社の商品をPRしたいのかを先に決めておくことで、より効果的な集客が実現できます。

ターゲット選定を行うことで、

  • 情報発信がシンプルになる
  • 企画から広告、販売までに一貫性が出る
  • ターゲットについて深く理解し、商品サービスに落とし込める

などのメリットが期待できます。

適切なターゲット選定を行う際に大切なのは、ペルソナです。

ペルソナとは、年齢・性別・居住地・職業・年収・趣味・価値観などの具体的な顧客像を作る手法です。

このペルソナを決めることで、会社内でどのような方に向けて商品を販売するのか共有できるため、適切なマーケティングを行うことができます。

Webと実店舗を上手く組み合わせる

EC

Webと実店舗を上手く組み合わせるのも、集客には大切な要素です。

インターネットが発達したことで、顧客は実店舗などのオフラインだけでなくSNSやWebサイト、YouTubeなどのオンラインからも集客できるようになりました。

始めから集客の手法をオンライン・オフラインどちらかに決めきってしまうと、大きな販売機会を失ってしまいます。

最近では実店舗やEC問わず顧客と接点を作り販売促進に繋げる、オムニチャネルやOMOなどの集客方法も多数存在します。

今後はますますオンラインと実店舗の関係性は強くなっていくことが予想されているため、Webと実店舗両方を活用した集客方法を想定しておくことが大切です。

 

OMOやオムニチャネルに関する記事はこちら
OMO戦略とは?メリット・デメリット・成功のポイントを徹底解説!
【店舗ECを連携】オムニチャネルの概念や運営方法・ツールを紹介!

 

競合他社との差別化を図る

差別化

集客を行う上では、競合他社と差別化を図ることも重要です。

商品やサービスが豊富にある現代社会では、顧客がどの商品を買えば良いか迷うシーンも数多くあるかと思います。

そんな時に、自社の商品を選んでもらうために必要になるのが差別化戦略です。

この差別化ができていないと、顧客に自社の商品について興味を持ってもらうことも難しくなってしまいます。

顧客に興味を持ってもらい、売上を伸ばしていくためにも、競合他社との差別化は非常に大切なポイントです。

競合他社の商品を徹底的に調査することで、自社の商品独自の強みを見つけることができます。

また同時に、自社がビジネスを展開する業界の情報を調査することで、まだどの競合も持っていない強みを知り、優位性のある商品開発に取り組むことができるようになります。

集客システムを導入する

集客システム

集客を成功させるポイントの4つ目は、集客システムを導入することです。

集客システムとは、集客のための機能を搭載したシステムのことです。

具体的には、会員になった顧客に販促メッセージを送ったり、システムを活用したターゲット選定の結果を元に新たな新規顧客集客を行ったりすることが可能です。

例えば、ECのカゴ落ち状況などのデータをシステムで取得して、購入まで至っていなかった顧客へアプローチしたりすることで、新規顧客獲得が期待できます。

集客システムを導入することのメリットは、集客に費やす時間を削減しながら効果的な集客を行うことができることです。

自社がどのように集客を行っていきたいかによって、集客システムに必要な機能は異なります。

どのような集客を実現したいかを明確にし、必要な機能を搭載している集客システムの導入を検討するようにしましょう。

集客に強いシステムの特徴

集客

ここからは、集客に強いシステムの特徴について確認していきましょう。

せっかく集客システムを導入しても、自社とシステムの親和性があまり良くない場合、効果は大幅に落ちてしまいます。

システムの導入に失敗しないためにも、集客に強いシステムの特徴を理解しておきましょう。

業界や業種に特化した集客システム

集客システムが業界や業種に特化していると、より効率的な集客が可能になります。

例えば、美容院と雑貨屋では顧客層が異なるため、顧客への最適なアプローチ方法は異なります。

美容院などではリピート率を高めるために、利用してくれた顧客へのサンクスメールやアンケート機能などが求められます。

しかし雑貨屋では、店舗の季節限定キャンペーンなどを伝えるメッセージ送信機能などが求められます。

業種や業界によって、顧客層や販促活動の方法が異なるため、その業種や業界に特化した集客システムを導入したほうが集客の効率を高めることができます。

外部のシステムと連携できる集客システム

外部システムとの連携

集客システムを導入する際には、外部のサービスやシステムと連携できるかどうかも大切です。

例えば、ECモールと連携できる集客システムを導入することで、ECの顧客データを実店舗と合わせて一元管理できます。

また、LINEミニアプリなどのサービスと連携させることで、会員証の発行やLINE上でメッセージを送ることができるなどのメリットがあります。

他のシステムと導入できない集客システムを導入してしまうと、適切な顧客データの収集に手間がかかったり、データを別々で管理したりする必要があり、マーケティング施策の効率が低下します。

集客システムを導入する際には、社内で使用している基幹システムやECモールと連携が可能かどうかについても確認するようにしましょう。

定期的なアップデートが可能な集客システム

アップデート

インターネットが発展して、顧客の購買行動が変化したように、今後も顧客の購買行動は急速に変化することが予測されます。

常に顧客に合わせた集客を行っていくためには、それに合わせて集客システムもアップデートしていく必要があります。

買い切りの集客システムを導入してしまうと、アップデートができず、新たな集客トレンドが生まれた際に、それに対応した集客システムを買い直す必要があります。

しかしながら、クラウド型の集客システムなどを導入することで、常に時流に合わせた集客が実施できます。

買い直す追加コストを削減できるだけでなく、常に最新の集客システムを使用できるという点では、クラウド型集客システムはおすすめです。

集客システムを活用するメリットとは?

メリット

集客システムの導入には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

前半部分ですでに少し述べてしまいましたが、ここからは集客システムを活用するメリットについて確認していきましょう。

売上向上が期待できる

集客システムを導入することで、集客にかかる工数を削減しながら売上向上を目指すことができます。

従来の企業では、集客のために時間をかけて売上や顧客の分析、ターゲット選定を行い、そこから販促活動を実施するケースがほとんどでした。

しかしながら、集客システムを導入することで、データの収集・分析、ターゲット選定から販促活動までの工数を大幅に削減することが可能です。

コストを削減できる

コスト

集客システムを導入し、使用することで、システムの運用費用がかかってしまうとはいえ、担当者や外注業者に依頼するよりも安くコストを済ませることができます。

集客の際には、1:5の法則を意識することが大切だと言われています。

1:5の法則とは、新規顧客の獲得には、既存顧客の5倍のコストがかかるという法則のことです。

前述したように集客システムの活用は、新規顧客の獲得にも効果的なため大幅なコストの削減が実現できます。

また、集客にかかっていたコミュニケーションコストなどの削減も期待できるため、業務効率化が可能になります。

さらに、自社内で集客を行うことで、集客のノウハウが自社内に蓄積されていくため、集客システムの導入は、長期的に見ても費用対効果の高い投資だと言えるでしょう。

集客システムReCOREとは?

ReCOREとは?

ここまで、集客を成功させるポイントや集客システムを活用するメリットについて解説してきました。

しかしながら、

  • いきなり集客システムを導入するのは不安
  • システムで集客を成功させるのは難しそう
  • どの集客システムを選べば良いかわからない

という不安を抱える人も少なくないと思います。
確かに、成功の具体的なイメージの描けないままいきなり集客システムを導入するのは難しいかと思います。

そこでここからは、リテール・リユース業界向けクラウド型集客システムReCOREについて紹介します。

ReCORE

ReCOREには多数の機能が搭載されていますが、ここでは

  • 顧客管理機能
  • KPI管理機能
  • 会員証機能
  • EC出品機能

などの機能を紹介していきます。

顧客管理機能

顧客管理機能

ReCOREでは、蓄積された顧客データから、RFM分析や休眠分析を行うことができます。

RFM分析とは、直近の購入日・来店頻度・購入金額の3つの指標で顧客をランク付けする手法のことです。

これにより、「一週間以内に来店のあった購入金額1万円以上の顧客」などといった具体的な条件で顧客を絞り込むことができます。

ReCOREには、狙ったターゲット層のみにLINEやSMS、メールで販促メッセージを送る機能を搭載しています。

そのため絞り込んだ顧客のみに、販促メッセージやクーポンを配布することも可能なので、狙った顧客層に効率良くアプローチできます。

KPI管理機能

ReCOREのKPI管理機能では、販売分析・在庫分析・スタッフ分析・顧客分析などが可能です。

販売分析では、ジャンルごとの商品の売上額が確認でき、在庫分析では在庫の滞留日数、回転率などが確認できます。

スタッフ分析では、スタッフの品出し商品やEC出品の金額の確認が可能です。

顧客分析では、全体の会員数や属性ごとの分析だけでなく、過去の購入データや休眠顧客分析が可能です。

これまでは、顧客分析ができていないことで効果的な集客が行えなかった企業でも、ReCOREを導入することで適切なターゲット選定を行い、効果的な集客を実施することができます。

LINEミニアプリ連携機能

ReCORE×LINEミニアプリ

ReCOREには、LINEミニアプリと連携することが可能です。

LINEミニアプリを活用することで、より手軽に顧客管理やリピート集客を行うことが可能になります。

企業は顧客データを活かし、狙った顧客層を絞り込み的確な内容で販促メッセージやクーポンをLINEを通して送ることで、店舗の利用率を高める効果が期待できます。

また、顧客側では、過去の売買情報やEC出品モールで獲得したポイントが確認できるため、利便性が高まり顧客満足度を高めることができます。

EC出品機能

複数モール出品画面

ReCOREには、EC出品機能も充実しています。

例えば複数モール同時出品機能では、出品先のモールを指定することで、最速3クリックで複数モールへの出品が可能です。

さらに、実店舗とECモールの在庫情報は自動で連動されるため、在庫管理の負担も大幅に軽減することができます。

これらの機能により、手間をかけずに簡単に販路拡大が実現できるため、工数を抑えながら顧客との接点を増やすことができ、集客に繋がり売上向上が期待できます。

まとめ

今回は、集客の基本的概念、集客システム導入のメリットについてご紹介してきました。

集客システムを活用することで、社内の業務改善や負担軽減を実現しながら集客を行うことができます。

また、集客システムの中には、データ分析や在庫管理を行うことのできるものもあるので、売値の適正化や適正在庫の算出にも役立ちます。

本記事の後半にご紹介したReCOREでは、集客に活用できる機能だけでなく、業績アップに繋がるデータ分析、EC出品の工数削減から在庫連動までを実現可能です。

現在、ReCOREでは、無料でお問い合わせと資料ダウンロードが可能です。

もう少し、ReCOREについて知りたいという方は、お問い合わせや無料ダウンロードクリックしてみてはいかがでしょうか。

導入相談無料! お気軽にお問い合わせください。

関連コラム一覧