メルカリは個人事業主でも使える?確定申告や開業届についても解説

最近では、メルカリやラクマなどのフリマアプリを活用して、収益を上げる方が増えてきました。

稼げる金額が大きくなってきて、確定申告や開業届に関する不安や悩みを抱えている方も少なくないかと思います。

本記事を読むことで、

  • メルカリは個人事業主でも使えるのか?
  • メルカリに開業届は必要なの?
  • そもそもメルカリでの売上に確定申告が必要なのか?
  • メルカリではいくらから確定申告が必要なのか?

などの疑問を解決することができます。

これから個人事業主になろうとしている方、今もう既に個人事業主として収益のある方どちらにとっても役立つ内容です。

メルカリは個人事業主でも使える?

参考:メルカリ公式サイト

そもそもメルカリは個人事業主でも活用することができるのでしょうか。

結論から言うと、メルカリは法人や個人事業主の利用は推奨していません。

その代わりに、法人や個人事業主の方は「メルカリShops」というサービスを活用することができます。

メルカリShopsは、メルカリ内にショップを開設できるサービスで、審査を通過した個人、個人事業主、法人の方が利用することができます。

メルカリShopsが個人事業主におすすめな理由

メルカリShopsは、メルカリ内での利益を向上させたい個人事業主の方には最適なサービスです。

個人事業主にメルカリShopsがおすすめな理由は、

  • 1商品に対して複数の在庫・種類を登録することができる
  • 値下げ交渉の手間を省くことができる
  • メルカリよりも早く売上金が反映される
  • 初期費用や月額利用料が必要ない

などの4つです。
メルカリShopsについて理解を深めるためにも、1つずつ具体的に確認していきましょう。

1商品に対して複数の在庫・種類を登録することができる

メルカリなどのフリマアプリで収益を上げる方の中には、同じ商品を大量に仕入れて、販売しているという方も少なくないかと思います。

そのような方が、メルカリ通常アカウントで販売を行うと商品を1つ1つ出品していく必要がありますが、メルカリShopsアカウントの場合その必要はなくなります。

メルカリShopsでは、1つの商品に対して複数の在庫や種類を登録することができるため、基本的に1つの商品につき一回の出品作業で済みます。

また、靴などのようなサイズのある商品も、「靴」という1つの商品に対して、複数のサイズがあるという形で出品ができるため、出品が非常に楽になります。

値下げ交渉の手間を省くことができる

メルカリを利用したことのある方は、目にしたことがあるかと思いますが、メルカリでは頻繁に出品者と購入希望者の間で値下げ交渉が行われています。

メルカリの出品者は、この値下げ交渉で値段を下げること前提で、少し高めの価格で販売しているケースも少なくありません。

メルカリShopsでは、値下げ交渉をすることができないため、自分で決めた価格で販売することができます。

「値下げ交渉ができない」と始めからわかっていることで、自分の想定した粗利率や利益率のまま、販売ができることや値下げ交渉にかかるコミュニケーションコストを削減できるというメリットがあります。

メルカリよりも早く売上金が反映される

通常のメルカリアカウントでは、発送した商品がユーザーの手元に届いて、受取評価をしたあとに売上金が反映されます。

この場合早く商品が届いたとしても、ユーザーが受取評価をしない限りは、売上金が反映されないためタイムラグが発生してしまいます。

しかしながら、メルカリShopsアカウントでは商品を発送し、取引ステータスが「発送済み」になった時点で売上金が計上されるため、メルカリよりも早いタイミングで売上金が反映されます。

メルカリShopsアカウントでは、メルカリよりも早い段階で売上金が反映されますが、販売利益が5000円以下の場合、翌日の振込は行われないという点には注意が必要です。

初期費用や月額利用料が必要ない

メルカリShopsは、法人は個人事業主の方のEC販売をサポートする便利な機能が搭載されているにも関わらず、初期費用や月額利用料0円で利用することが可能です。

メルカリでは、販売手数料として10%を支払う必要がありますが、メルカリShopsでもその部分は共通しています。

しかしながら、販売手数料の10%を支払うだけで毎月2000万人のアクティブユーザーのいるメルカリ内に商品を出品できると考えると、かなりお得と言えるのではないでしょうか。
メルカリShopsのメリットについて解説した記事はこちらから

個人事業主がメルカリShopsを使う際に開業届は必要?

メルカリShopsでは、アカウント開設手続きを行う段階で、「個人」「個人事業主」「法人」の事業種別を選択することになります。

開業届を提出していない方は、個人として開設することが可能です。

もう少しわかりやすく言うと、開業届を出さなくてもメルカリShopsを利用することができるということです。

もう既に開業届けを出している個人事業主の場合、メルカリShops公式サイトの「ショップ開設に必要な情報や準備するべきものは何ですか」を参照して、申込みを行います。

個人事業主がメルカリで稼いだ場合確定申告は必要?

個人事業主がメルカリで収入を得ている場合、確定申告は必要になるのでしょうか。

ここでは、確定申告が必要な条件と収益がいくら以上から確定申告が必要になるのかをご説明します。

確定申告が必要かどうかは販売している商品による

結論から言うと、確定申告が必要かどうかはメルカリで販売している商品により異なります。

例えば、不用品であれば基本的には確定申告は不要です。

しかしながら、いくら不用品と言えど継続的に販売を行い利益を得ている場合には課税対象となることがあるので注意が必要です。

また、不用品でも1点あたりの価格が30万円を超える高額取引によって得た売上は所得税の課税対象になります。

(1) 生活用動産の譲渡による所得
家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。
ただし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個または1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は除きます。
参考:国税庁

販売する商品によって確定申告が必要かどうか決まると記載しましたが、メルカリで継続的に利益を得ている個人事業主の方は、確定申告を行うことを強くおすすめします。

メルカリの確定申告はいくらから?

それでは、実際にいくらの所得があったら確定申告を行わなければいけないのでしょうか。

確定申告は、副業として所得を得ているのか、本業として得ているのかによって対象が異なります。

  • 副業として所得を得ている場合 20万円以下の場合は確定申告は不要
  • 本業として所得を得ている場合48万円以下の場合は確定申告は不要

副業か本業かの判断は、会社などからの給与所得があれば副業、なければ本業となります。

メルカリのホームページにも記載されていますが、これらは一般的な見解になるため、詳細は税務署や地方公共自治体に問い合わせを行うことをおすすめします。

メルカリShopsへの出品を行うならセルモア

セルモア

メリカリShopsなどのフリマアプリでせどりビジネスを行っている方にとって、出品作業や在庫管理、受注管理などをもう少し楽に行いたいと考える人も少なくないはずです。

また、今はそんなに出品作業や在庫管理に困っていないという場合でも、出品する商品の数を増やしたり、受注数が増えてくると管理ができなくなってしまう可能性もあります。

弊社では、個人事業主やスモールビジネスを行う個人セラーの方のECの売上を向上させるためのソリューションとして、「セルモア」というサービスをリリースしました。

セルモアでは、事業者の方の売上がシステム利用料で相殺されることのないように、月間受注件数30件までは完全無料で利用することができます。

月間の受注件数が30件を超えたあとも、月額基本料金4500円 + (受注件数 × 15円)という低価格で利用することが可能です。

セルモアでは、現在3ヶ月間無料キャンペーンを実施しています。

セルモアの機能である複数モールへの同時出品や各モールの在庫自動連携、在庫管理や受注管理などを無料で活用できるので、まずはお試し感覚で利用してみてはいかがでしょうか。

ここからは、セルモアで実際に何が実現できるかをご紹介します。

複数のECモールに同時出品が可能

複数EC

販路を増やすために、メルカリやヤフオク!などの複数のECモールに同じ商品を出品している事業者の方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、各ECモールでそれぞれ出品作業を行うことは、工数や時間がかかってしまいます。

「本当は全ての商品をたくさんのECモールで販売したいけど、出品作業に時間がかかりすぎるという理由で1つのモールしか使えていない」という悩みを抱えている個人事業主の方には、セルモアがおすすめです。

その理由は、セルモアを活用することで複数のECモールに同時出品を行うことができるからです。

現在セルモアでは、メルカリShops、楽天ラクマ、Amazon、楽天市場、ヤフオク!、yahooショッピング、ShopifyなどのECモールの中から選択して出品が可能です。

この機能を活用することで、1回の出品作業で複数のECモールに出品を行うことができるため、出品にかかっていた時間を他の作業に費やすことが可能になります。

EC出品テンプレートを作成可能

同じような商品をEC上で大量に販売するような事業を行っている場合、毎回同じような説明文を記入することになるかと思います。

セルモアでは、この説明文や出品日数の設定などのルーティン業務になり得る作業をテンプレート化することができます。

テンプレートをあらかじめ作成しておくことで、商品を出品する際にはテンプレートを選択するだけで、簡単に出品を行うことが可能です。

EC価格同期設定

出品するECモールによって販売手数料が異なるため、ECモールごとに販売価格を変更したいと考える方もいるかと思います。

セルモアのEC価格同期設定機能では、ECモールごとに基準価格から何%値上げする、値下げするという設定を行うことができます。

この機能を活用すれば「メルカリShopsの販売手数料は10%だから基準価格から10%値上げして販売する」といったようにモールごとに販売価格を変更して利益率を確保することが可能になります。

売上分析が可能

セルモアでは、EC出品の効率化や在庫管理だけでなく、売上分析を行うことも可能です。

セルモアの売上分析では、売上や在庫の数値をグラフとしてわかりやすく可視化できます。

また、モールごとの売上や売上原価、回転数などの数値までを確認できます。

これらの数値を確認することで、どの商品がどのモールで人気があるのかなどを把握し、出品する商品や仕入れる商品の適正化を図ることが可能です。

個人事業主や個人セラーの方が必要とする機能だけを詰め込んだセルモアは、月間受注件数30件までは無料で使うことが可能なので、ぜひ一度その機能を無料で体験してみてはいかがでしょうか。

セルモアについてもう少し確認してみる

バナー

店舗とECの連携を強化させていきたいという方にはReCORE

ReCOREとは?

ECだけでなく実店舗も持っているという個人事業主の方にはReCOREがおすすめです。

ReCOREは、ECに特化したセルモアの機能に加えて、買取や店舗販売、顧客管理など、リユース店舗に必要な業務を総合的にカバーできるPOSシステムです。

ReCOREを活用することで、ECと実店舗で併売を行い、収集した顧客情報を活用して顧客にSMSやメルマガ、LINEなどで販促メッセージを配信することも可能です。

売上の向上とコストの削減を両立させられるReCOREでは事業の業績アップを実現させることができます。

ReCOREについて確認してみる

まとめ

個人事業主の方はメルカリShopsを活用することで、メルカリ内にショップを持ち販売を行うことができます。

メルカリだけでなく、複数のECモールに販売を行いたいという方は、ぜひ一度セルモアを活用してみてはいかがでしょうか。

セルモアを活用することで、EC出品や管理が効率化できるだけでなく、複数のECモールに出品できることによる売上の向上が見込めます。

月間受注件数30件までは無料で利用できるので、ぜひ一度この利便性をお試しください。

バナー

監修者:本荘 幸大

卒業後は株式会社船井総合研究所に入社し、ヘルスケア業界やフィットネス業界、飲食業界など幅広い業界のコンサルティングに従事。その後2022年4月より最年少メンバーとしてNOVASTOに入社し、リユース・リテール企業へのコンサルティングを行いながら社内ではマーケティングチームの立ち上げも行っている。

導入相談無料! お気軽にお問い合わせください。

関連コラム一覧