【顧客管理に強いPOSレジおすすめ5選】失敗しない選び方とは?

【顧客管理に強いPOSレジおすすめ5選】失敗しない選び方とは?

インターネットやスマートフォン端末が普及したことで、近年消費者行動は急激に変化してきています。

このような現代社会の中で、顧客との良好な関係を築くCRMと呼ばれる概念が重要視されるほど、顧客行動の分析やデータ管理は店舗の経営戦略を立てる上で欠かせないものになってきています。

最近では、様々な機能を搭載したPOSレジが多数存在しており、POSレジで顧客管理機能までを一元化することが可能になりました。

そんな中で

  • POSレジの役割とは何か知りたい
  • POSレジの顧客管理では何ができるのか知りたい
  • 顧客管理に強いPOSレジを知りたい

といった疑問や悩みを抱えている方も多いと思います。

今回は、顧客管理に強いおすすめPOSレジの紹介と合わせて、顧客管理機能でどんなことが実現できるのかについてご紹介します。

POSレジを通して店舗の顧客管理を強化していきたいと考えている経営者の方必見の内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

POSレジとは?

POSシステム

POSレジとは、顧客に商品を販売した際の取引情報をリアルタイムで記録・集計するシステムを搭載したレジのことです。

近年高機能化してきており、POSレジの役割は、単純な販売情報の記録や集計だけでなく、収集した顧客や在庫データの管理や分析まで広がってきています。

ここからは、一般的なPOSレジの機能について簡単にご紹介していきます。

POSレジの主な機能

POSレジの主な機能は、「顧客管理機能「会計機能」「商品・在庫管理機能」「従業員管理機能」「売上分析機能」「外部システムとの連携機能」の6つです。

各社のPOSレジによって様々違いはありますが、各機能で一般的に何ができるのか確認していきましょう。

会計機能

レジ業務

POSレジには、バーコードを読み込んで商品情報を瞬時に呼び出すことで、スムーズに会計処理を行う会計機能が搭載されています。

会計機能により、手入力による作業を行う手間を省くことができるため、ヒューマンエラーの防止や業務効率化を実現することができます。

また、顧客1人当たりにかかる会計時間も短くなるため、顧客が列に並ぶ時間を短縮することもでき、顧客満足度の向上に貢献します。

商品・在庫管理機能

複数の店舗を跨いで商品や在庫管理を一元化できることも、POSレジを活用する大きなメリットです。

商品在庫機能では、商品を顧客に販売した時点での在庫数や商品状態をリアルタイムで記録・確認することができます。

POSレジがあれば、商品が購入されるたびに在庫数が自動で更新されていくため、発注前に在庫数を数え直す手間や、バーコードで管理ができるため、手動で照合する棚卸しの手間を省くことができます。

従業員管理機能

POSレジの中には、従業員管理の機能を搭載したものも存在します。

従業員管理機能には、勤怠管理ができるものや、各従業員の品出しデータを可視化して、公正な評価を実現することができるものなどもあります。

複数店舗を運営している企業の場合でもPOSレジを活用することで、画面上からリアルタイムでスタッフ状況を確認できるため、人員の手配などを効率よく行うことができます。

売上分析機能

POSレジは、売上を自動で分析して表やグラフとして可視化する機能があります。

売上分析機能としては、商品登録された商品の仕入金額や販売金額、日時、購入者情報などのデータを紐付けて分析することができます。

POSレジは経理のレポートや経営判断の材料として活用することもできます。

外部システムとの連携機能

従業員

POSレジの多くは、外部システムと連携を行うことも可能なため、スムーズな経営管理やマーケティング施策を行っていくことができます。

例えば、POSレジとECサイトを連携させて、オンラインとオフラインでの集客動線を融合させたり、LINE公式アカウントを活用して、顧客接点を強化したりすることが可能です。

顧客管理機能

POSレジには、顧客管理機能を搭載したものも存在します。

顧客管理機能は、今回の記事のメインテーマでもあるため、次の章でさらに詳しく紹介したいと思います。

POSレジのメリットや顧客管理以外の機能ついてより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

POSレジの顧客管理機能では何ができる? 

顧客

POSレジの顧客管理機能では、具体的に何ができるのでしょうか。

POSレジの顧客管理機能で実現できることは、

  • 顧客情報の一元管理
  • 顧客情報の分析
  • 外部システムとの連携による集客施策の実施

主に以上の3つです。

簡単にいうと、顧客情報の収集からデータの管理・分析、顧客に合わせたアプローチ、いわゆるCRMを可能にするということです。

顧客管理機能をそれぞれ詳しく解説していきます。

顧客情報の一元管理

POSレジの顧客管理機能の一番核となる機能は、やはり顧客情報の一元管理です。

複数の店舗を運営している店舗、または実店舗とECなど複数の販売経路を持っている企業では、顧客管理が複雑化して困っているというケースも少なくありません。

そのような場合にも、POSレジの顧客管理機能を活用することで複数店舗やECを横断して様々な顧客データを管理することができます。

一般的なPOSレジの顧客管理機能では、顧客の性別・年齢・来店日時・購買金額・購買回数などを確認することが可能です。

特にリユース事業においては、買取の業務に際して顧客情報を取得・保管する古物台帳の作成義務があるため、詳細な顧客情報を適切に管理することが必要です。

顧客情報を一元管理しておくことで、条件を絞って顧客データを抽出できるようになるため、以降の分析や販促も行いやすくなります。

顧客情報の分析

POSレジに搭載されている顧客管理機能では、情報の収集だけでなく、分析までを実施することができます。

POSレジで収集したデータを有効活用することで、これまで気が付かなかった課題を可視化することができるようになります。

有名なデータ分析の手法としては、

  • RFM分析
  • ABC分析
  • トレンド分析
  • バスケット分析

などの分析方法があります。

例えば、購入日(Recency)、購入頻度(Frequency)、購入金額(Monetary)の3つの要素から顧客をグルーピングするRFM分析を活用すれば、マーケティング施策を有効的に実施することができます。

RFM分析で「優良顧客」「新規顧客」「休眠顧客」という分類を行い、全体の割合で優良顧客が多いのであれば、自社の「優良顧客」に対するマーケティングは一定の効果を発揮していると言えます。

このように分析を行っていくことで、顧客層に優先順位をつけて、限られたリソースを売上効果の見込める顧客層に集中投下することが可能になります。

外部システムとの連携による集客施策の実施

ITツール

POSレジの顧客管理機能を活用することで、顧客データの収集・分析したデータをもとに販促を打つことができます。

例えば、「優良顧客」「新規顧客」「休眠顧客」に分類・絞り込みをした上で、それぞれに適したメルマガを一斉送信することができます。

また、Shopifyなどで構築したECサイトや、LINEなどの外部システムと連携することで、POSレジで分析したデータを有効活用することもできるようになります。

Shopify上から収集した顧客の注文情報などから、顧客の絞り込みを行い、その顧客層に向けてマーケティング施策を実施することも可能になります。

このように条件をつけてターゲットを絞り一斉に販促を打つことで、より効率的に精度の高い施策を実現することができます。

顧客管理に強いPOSレジおすすめ5選

POSレジの顧客管理機能で実現できることを理解すると、顧客管理機能を搭載したPOSレジを導入したいと考える方も少なくないかと思います。

しかしながらPOSレジによって、顧客管理機能で実現できることが微妙に異なります。

そのため、自社が求める顧客管理機能を明確にした上でPOSレジを選定することが非常に大切です。

ここからは、顧客管理機能に強いPOSレジを5つピックアップしてご紹介していきます。

ReCORE

「ReCORE」は、リテール・リユース向けのクラウド型POSレジです。

ReCOREの顧客管理機能では、実店舗とECの在庫連携と顧客情報を連携させることができます。

ECの中でも特にShopifyとの親和性は抜群で在庫と会員データの完全連携によるオムニチャネルを実現することが可能です。

また、複数店舗を持つ企業には本部機能という上位の管理権限を付与して全店のデータを管理することもできます。

さらに、ReCOREではLINEミニアプリとの連携による会員制度の導入もできます。

例えば、ReCORE上の会員情報とLINEユーザー情報を紐付けて、LINEミニアプリのデジタル会員証を発行し、クーポンの配布やポイントの付与をすることも可能です。

ReCOREとLINEミニアプリを組み合わせれば、POSレジで取得したデータを元にLINEで販促メッセージを送ることもできるため、ピンポイントのマーケティングが可能です。

ReCOREについてもう少し詳しく見てみる

スマレジ

参考:スマレジ公式サイト

スマレジは、iPhoneやiPadなどのタブレット端末を用いたPOSレジです。

スマレジの顧客管理機能では、レジ端末上で会員情報を参照し、顧客の過去の購買履歴と合計購入金額を確認することができます。

顧客管理機能により、顧客が好きなブランドの入荷情報を提供したり、以前購入した商品の使い心地をヒアリングしたりと、日常の会計業務の中で質の高い会話サービスを行うことが可能です。

またスマレジには、購買データに基づいた施策や客層別の売上分析などを実施することもできるため、店舗にとって最適な販売促進を実現することができます。

スマレジについてもう少し詳しく見てみる

POS+

参考:POS+公式サイト

飲食店などを経営している方におすすめなのが、POS+シリーズの「POS+ food」です。

POS+はシンプルな操作性、低コストで顧客の属性に合わせたコミュニケーションが可能なPOSレジです。

POS+には、会員管理ができる店舗アプリサービスPOS+ connectを利用することができます。

POS+ connectでは、会員証やポイント、クーポンの発行、お知らせ配信などの機能も搭載しているため、集客から顧客管理までを一気通貫で行うことができます。

POS+についてもう少し詳しく見てみる

Square

参考:SQUARE POSレジ公式サイト

Squareは、iPadやAndroid端末を利用したタブレット型のPOSレジアプリです。

Squareは、POSレジ機能は無料で利用することができます。

顧客管理や複数店舗を管理する場合には、追加料金がかかることがありますが、まずはPOSレジ機能を試してみたい店舗にはおすすめです。

Squareの顧客管理機能では、顧客履歴やお気に入り商品などの顧客データを確認して今後の集客に活用することが可能です。

Squareについてもう少し詳しく見てみる

アスのレジ

参考:アスのレジ公式サイト

アスのレジは、店舗数が30店舗以下の多店舗展開をしている企業が持つ課題に対して、業務の効率化・快適化を行うことのできるPOSレジシステムです。

アスのレジの顧客管理機能は、購入履歴や来店履歴、顧客の声を保管できるため、顧客の嗜好を把握することができます。

また、スタッフ同士で成功事例の共有も可能なので、社内ノウハウを店舗に反映し、顧客満足度向上に繋げることも可能です。

アスのレジについてもう少し詳しく見てみる

POSレジ「ReCORE」の顧客管理機能で実現できること

ReCOREとは?

ここからは、弊社のリテール・リユース向けPOSシステム「ReCORE」の顧客管理機能でできることについて詳しく解説していきます。

ReCOREに搭載している顧客管理機能を活用することで、複数販路の顧客情報の一元管理による業務効率の向上や、自動分析された顧客への販促メッセージ送信によるリピート顧客の増加といったことが可能になります。

また、ReCOREはLINEと連携しているため、LINEミニアプリでデジタル会員証を発行して、会員情報をReCOREで管理し、クーポンの配布やポイントの付与をするといったこともできます。

ReCOREでは、顧客情報の取得から管理、分析、販促までを効率的に効果的に行うことができます。

顧客管理機能であらゆる販路の顧客管理を一元化

顧客

ReCOREの顧客管理機能では、顧客の個人情報や過去の購入日時、商品、金額など実店舗やECで取得した様々な顧客情報を一元管理することができます。

リユース事業の場合は、ReCOREを古物台帳として使うこともできるため、取得した顧客情報をデジタル上で保管し、再来店時に詳細な個人情報の提示を求める必要がなくなります。

また、ReCOREはAmazon、楽天市場、ヤフオク!、Yahoo!ショッピング、メルカリShops、楽天ラクマ、Shopifyの国内ECモールと連携しており、実店舗+最大7モールで顧客情報や在庫情報を一元化することができます。

特に、Shopifyとは特に親和性が高く、店舗の在庫情報や会員情報を完全連携し、購入履歴を元に顧客におすすめ商品の情報を送信したりすることも可能なので、より効果的な販促活動が実施できます。

顧客を絞り込み、狙ったターゲット層に販促メッセージを送信

顧客絞り込み

ReCOREでは、一元管理した顧客情報をもとに、顧客のRFM分析などを用いて顧客の絞り込みを行うことができます。

例えば、上の画像のように「利用回数」と「累計売上金額」で顧客をグルーピングし、「一定期間のうちに購入回数1回かつ5,000円以下の購入があった顧客」を絞り込むことができます。(下の画像は実際の絞り込み結果)

顧客絞り込み2

ReCOREでは、このように絞り込みを行った顧客に対して、SMS、メール、LINEなどを活用して直接販促メッセージを送ることができます。

この機能により、「1ヶ月以内に1万円以上の購入があった顧客に対して、割引クーポンを配布する」などの施策が実施できるため、単価の高い顧客をリピーターとして呼び込むことも可能になります。

LINEミニアプリとの連携で会員制度を導入

ReCORE×LINEミニアプリ

ReCOREは、LINEミニアプリと公式連携しているため、LINE上で会員登録やポイントの確認、顧客へメッセージを送ることなどが可能です。

Re COREのLINEミニアプリ機能を活用することで、デジタル会員証を発行することができます。

顧客は店頭のQRコードを読み込むだけでLINE内で会員登録をすることができ、2回目以降は会員バーコードの提示によってポイントが付与されます。

会員制度で顧客を囲い込みたいが、自社アプリの開発ができないという事業者の方は、LINEミニアプリを利用することで、低コストで簡単に会員制度を導入できます。

また、ReCOREの顧客データとLINEミニアプリのデータを連動させることができるため、顧客データを基にした販促メッセージを公式LINEから送ることなども可能となっています。

ReCORE×LINEミニアプリ連携 リテール向けご紹介資料」はこちらから

ReCORE×LINEミニアプリ連携 リユース向けご紹介資料」はこちらから

接客メモ機能により異なる店舗やスタッフ間で情報を共有

顧客メモ

ReCOREでは顧客メモ機能を搭載しているため、異なる店舗やスタッフ間で顧客情報を共有することができます。

これにより、接客の際に顧客との会話の中で発生した他のスタッフにも共有したい特記事項などを書き残し、顧客満足度向上の実現が期待できます。

特にReCOREでは、リユース業態にも対応しているため、買取を行う際の顧客の反応や商品情報などを他のスタッフに共有できます。

まとめ

今回は、顧客管理に強いPOSレジについてご紹介しました。

近年POSレジは高機能化してきており、POSレジの顧客管理機能を活用することで、店舗の業務効率化だけでなく、集客や売上アップのための施策を実現することができます。

本記事の後半でご紹介したPOSレジ「ReCORE」では、POSとしての在庫管理やEC出品だけでなく顧客管理から集客までを一気通貫で行うことができます。

ReCOREについて興味のある方は、気軽に下記のボタンから資料ダウンロードとお問い合わせをお試しください。

監修者:本荘 幸大

卒業後は株式会社船井総合研究所に入社し、ヘルスケア業界やフィットネス業界、飲食業界など幅広い業界のコンサルティングに従事。その後2022年4月より最年少メンバーとしてNOVASTOに入社し、リユース・リテール企業へのコンサルティングを行いながら社内ではマーケティングチームの立ち上げも行っている。

導入相談無料! お気軽にお問い合わせください。

関連コラム一覧