古物商は儲かるの?失敗しない方法や売上を劇的に伸ばす秘訣を紹介!

メルカリやラクマなどのフリマアプリが流行したこともあり、近年古物市場は日本でも数少ない成長市場となっています。

最近では、せどりコンサルなどのようなコンサルタントも増えてきており、「古物商って儲かるの?」という疑問を持ち始める方も少なくないかと思います。

今回は、古物商が儲かるのかという点と合わせて、古物商への新規参入に失敗しないために行うべきことを3つピックアップして紹介したいと思います。

古物商とは?

古物商とは、古物営業法で定められている古物を売買、または交換する業者や個人のことです。

古物の売買や交換をする場合には、古物商許可証が必要になります。

ここからは、古物の定義や古物の種類について確認していきましょう。

古物の定義とは?

古物は主に、

  • 一度使用された物品
  • 使用する目的で購入された新古品
  • 上記の2つの条件に当てはまる品物に手入れを行ったもの

の3つに分けることができます。

この3つの条件に当てはまる物品は、「古物」として定義されるため、これらの物品の売買や交換を行う際には、古物商許可証を取得する必要があります。

古物商許可証が必要なケースについては、もう少し詳しく後述します。

バナー

古物の種類

骨董品

古物の定義について理解できたところで、次に古物の種類について紹介します。

古物は主に、

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪及び原動機付自転車
  • 自転車
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書類
  • 金券類

13種類に分類されます。

古物の取引を行う際には、これらの13種類の中から取り扱う古物を選んで許可証を取得する必要があります。

古物商許可を申請する際は、上記した13種類の中から「主として取り扱う古物」を1つ選択することになります。

逆にいうと、13種類の中から1つしか選択できないので、「主として取り扱う古物」は、十分に検討する必要があります。

また「主として取り扱う古物」は1つしか選択できませんが、サブの取り扱いは複数選択することが可能です。

「じゃあ全部の種類を選択すればいいのでは?」と考える方もいるかと思いますが、それはおすすめしません。

その理由は、警察から「本当にすべての種類を取り扱う意思があるか」の確認や古物商許可の審査期間が長くなる可能性があるからです。

古物商許可証を取得したあとに、取り扱う古物の種類を追加することも可能なので、古物商許可証申請時に選択する区分は必要最低限にしましょう。

古物商って儲かるの? 

ヤフオク!などのオークションサイトやメルカリ、ラクマなどのフリマアプリなどのリユース品を扱うサービスが増えてきたことで、売れ筋や市場価格を誰でも把握できるようになりました。

骨董品や海外のアンティークものなどを除けばほとんどの商品は、おおよその売れる価格の予想をつけられるようになったため、「仕入れ値よりも高く販売する」というビジネスの基本を忠実に守るだけで、誰でも古物商を営むことができるようになりました。

このような背景から「古物商は簡単に儲かる」と考え古物商を始める人が増加している傾向にあります。

実際、以前よりも古物商は稼ぎやすくなっているジャンルの1つです。

しかしながら、簡単に参入できるようになったことで、商品知識や資金の不足、過剰在庫や不良在庫を抱えることによるキャッシュフローの悪化などで廃業するお店が増加していることも事実です。

つまり「古物商は儲かるの?」の最も的確な答えとしては、

以前よりも稼ぎやすくなっているが、稼ぐためには市場に関する知識や調査、仕入れのセンス、正しいノウハウ理解などが必要

ということが言えるかと思います。

それでは古物商の開業で失敗するリスクを減らすためには、具体的にどのような事に気をつければいいのでしょうか。

ここからは、古物商で失敗しないために行うべきことを3つピックアップしてご紹介します。

古物商で失敗しないために行うべきこととは?

メリット

古物商で失敗しないために行うべきことは、

  • 仕入れ価格や買取価格をとにかく下げる
  • 得意分野の商品を持つ
  • 販売経路を増やす

以上の3つが挙げられます。

この3つのポイントについてもう少し具体的に確認していきましょう。

仕入れ価格や買取価格をとにかく下げる

コスト

古物商は在庫の管理費や人件費を除いて単純に考えると(販売価格 – 仕入れた商品の価格)が利益になります。

商品の販売価格は、相場である程度決まっているので、コントロールが難しいですが、仕入れコストは仕入先の選定で、ある程度安く抑えることが可能です。

仕入れコストを抑えるための具体的な仕入先として挙げられるのは、古物市場です。

古物市場は、古物商どうしの売買や交換を行うための市場です。

古物市場で売買や交換を行うためには、古物商許可証が必要になりますが、プロの業者のみが参加するため、市場価格に比べて安価に商品を仕入れることが可能です。

また買取専門店などの場合は、販売価格を先に想定して、買取を行う必要があります。

「この商品は1万円で販売できそうだから、買取平均相場の5000円で買い取る」など、その商品に対してどれくらいの利益率が見込めるのかを判断する目利き力が求められます。

得意分野の商品を持つ

業務効率化

前述したように、近年はフリマアプリやオークションサイトで商品の相場は把握することが可能ですが、その商品の需要を知るためには商材に関する知識が必要です。

知識や情報があれば「何をどれだけ仕入れるべきなのか」を判断することができるため、仕入れに失敗するリスクを減らすことができます。

そのため、古物商を始める最初の段階では、まず1種類自分の得意な分野の商品を扱うことが大切です。

まだ、自分の得意な分野がないという方は、扱いたい商品に関する勉強をしておくことをおすすめします。

販売経路を増やす

仕入れた商品の露出を増やすためには、実店舗のみでなくECモールやメルカリなどのフリマアプリへ出品を行い、販売経路を増やしていくことが大切です。

ECモールやメルカリなどの場合出品手数料ではなく、商品が売れた際に手数料を払うというケースがほとんどのため、商品が売れれば売れるほど、売上を伸ばしていくことが可能です。

バナー

古物販売(せどり)に古物商許可証は必要? 

結論から言うと、古物販売やせどりを行う際には、古物商許可証は必要です。

古物商許可証を取得せずに、古物の売買を行っていた場合、懲役3年以下または、100万円以下の罰金刑を課される可能性もあるので注意が必要です。

自分が使用していたものを販売する場合には、古物商許可証は必要ありませんが、ネットなどで商品を仕入れる場合には、古物商許可証は必要になります。

なぜ、ネットなど他から古物を仕入れる場合に古物商許可が必要になるのでしょうか。

それは古物商許可証が必要な理由を知ることで理解することができます。

そのため、まずは古物商許可証が必要な理由について説明します。

古物商許可証が必要な理由

古物商許可証が求められている理由としては、盗難品の流通防止と迅速な発見が主な目的です。

これは、古物営業について規定する古物営業法の第一条でも明記されています。

第一条 この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

参考:e-gov法令検索公式サイト

古物商の許可を取得すると、古物商は

  • 本人確認義務
  • 不正品の申告義務
  • 取引の記録義務

の3大義務が課せられます。

これにより、盗難品の売買を未然に防いだり、盗難品が売買されたあとも、取引の記録により早期発見と盗難者の把握が可能になります。

自分が新品を販売する店舗から購入して使用していたものを販売するケースでは、盗難の心配はないため、古物商許可は必要ありません。

逆に、ネットや他から仕入れた古物を販売する場合、その古物が盗難品である可能性があるため、古物商許可が必要になります。

このように古物商許可証が必要な理由を理解すると、せどりや古物販売を行う際に古物商許可証が必要なケースがわかるかと思います。

古物商許可証が必要な具体的なケース

出品

ここでは、もう少し解像度を上げて、古物商許可証が必要なケースについて具体的に確認していきましょう。

古物商許可証が必要な主なケースは、

  • 古物を買い取って販売する
  • 古物を買い取って修理して販売する
  • 古物を買い取って使える部分を販売する
  • 古物を買い取らずに自店舗で販売し、販売後に手数料をもらう
  • 古物を別の物と交換する
  • 古物を買い取ってレンタルする
  • 国内で仕入れた古物を国外に輸出して販売する

などが挙げられます。

レンタルする場合や国外に輸出する場合などにも、許可が必要になるので注意しましょう。

古物商許可証の取得方法について解説した記事はこちらから

古物商で利益率を上げるために大切な3つのポイント 

古物商で利益率を上げるために大切なポイントは、

  • 古物商許可証を申請して仕入れコストを経費申請
  • 成長市場を見極めて参入する
  • EC一元管理システムで人件費やECの管理工数を削減する

主に以上の3つです。

なぜこの3つが大切なのかという理由について説明します。

古物商許可証を申請して仕入れコストを経費申請

当然の話ですが古物商やせどりでの稼ぎは「所得」とみなされます。

所得の金額が大きくなると、必ず確定申告の義務が発生し、税金を支払う必要があります。

仮に、古物商許可証を取得せずに古物商やせどりを行っていた場合、「販売した全ての金額が所得」になってしまいます。

一方、古物商許可証を取得していた場合だと、「販売した金額から仕入れた価格を経費として差し引く」ことが可能になるため、支払う税金が大きく変わってきます。

つまり、古物商許可証を申請して事業を行うこと自体が節税に繋がるのです。

そのため扱うものが自分が過去に使っていたものや他から仕入れていたもの、どちらにしても古物商許可証を取ることは自身の手元に残るお金を増やすことに繋がります。

そもそも古物商許可証を取らずに古物を売買することは違法なので、安心して取引を行うためにも、古物商許可証を取得することを強くおすすめします。

成長市場や需要を見極めて参入する

前述したように、古物の品目は13種類に分類されています。

自身の得意な分野の商材を扱うことも大切ですが、成長市場の商材を扱うことも古物商で稼ぐためには必要なことです。

成長市場には大量のお金が流れ込んでくるため、需要を見極めて参入すれば、成長市場の波に乗って利益を上げることができます。

しかしながら、前述したように需要を見極めるためには、市場や商材に関する知識が必要になってくるため、参入のためには勉強が必須です。

2022年現在古物市場で成長している業界で言うと、トレカ業界などが挙げられます。

トレカの市場規模について解説した記事はこちらから

店舗との連携が可能なEC管理システムで人件費やECの管理工数を削減する

ITシステム

古物商で失敗しないためには、販売経路を増やすことが大切だと紹介しましたが、販売経路を増やすためには、ECの管理工数や人件費などのコストが増加してしまいます。

利益を増やしたいけど販売経路を増やすと、コストがかさんでしまうという利益とコストのジレンマに悩んでいる方は少なくないかと思います。

そのような問題を解決するためには、EC管理システムを活用して、人件費やECの管理工数を削減していくことが必要です。

EC管理システムだと、EC間の在庫連動や出品作業を大幅に効率化することができます。

EC管理システムを導入することで、3人で行っていたEC業務を1人で行うこともできるようになるため、結果として人件費などのコスト削減と利益の向上を両立させることが可能になります。

月間受注件数30件まで完全無料!EC一元管理システムセルモア

セルモア

EC一元管理システムで人件費を削減しながら販売経路を増やすことが可能だと言うことをご紹介しました。

しかしながら、システムの導入にはコストがかかるし、システムを導入するほどの規模で売買を行っていないという方も少なくないかと思います。

弊社が提供するEC一元管理システムセルモアでは、小さな規模で古物商やせどりを行う個人や企業様の業績を上げることを目的に開発を行いました。

また、せっかくの売上がシステム利用料で相殺されることがないように、月間受注件数30件までは完全無料で活用することが可能です。

月間の受注件数30件以降も、月額4500円の基本料金 + (受注件数 × 15円)という格安でご利用いただくことができます。

ここからは、セルモアで実際に実現できることをご紹介します。

複数のECモールへ同時出品が可能

複数EC

セルモアでは、Amazon、楽天市場、楽天ラクマ、メルカリShops、ヤフオク!、yahooショッピング、Shopifyなどの複数モールに同時出品を行うことが可能です。

これまでは、各モールでそれぞれ出品作業を行っていた方も、セルモアを活用することで一度の出品作業で複数のECモールへの出品を実現できます。

また、セルモアに搭載されているECテンプレート機能を活用することで、出品のたびに記載していた商品や店舗、配送手段などの情報をテンプレート化することも可能です。

EC間の在庫連携を自動化

在庫管理画面

複数のECモールへ出品を行っていると、在庫管理が複雑化してしまい、どのモールにどの商品の在庫がいくつあるのか把握できなくなってしまいます。

セルモアでは、各ECの在庫状況を一元管理して、画面上で確認を行うことができるため、在庫状況の把握が容易になります。

またセルモアの在庫管理画面では、在庫数だけでなく、原価や品出しからどれだけの日数が経ったのかを確認することもできます。

この機能を活用することで、各商品の回転率や粗利率を知ることもできるため、在庫の適正化と売上向上が期待できます。

受注管理もセルモア1つで完結

受注管理

各モールで商品が購入されていると、商品が売れれば売れるほど、受注管理が難しくなります。

セルモアでは、1つの画面上から受注状況を確認することができるため、各商品のリアルタイムのステータスを把握することができます。

これにより、キャンセル対応や発送依頼漏れなどのトラブル発生リスクを削減することができるため、顧客満足度の向上が期待できます。

実店舗での買取査定やECとの併売を実現するならReCORE

ReCOREとは?

ECのみで古物商を営む場合だと、先ほど紹介したセルモアに搭載されたEC関連機能で十分だと思います。

しかしながら、実店舗での古物の買取やECとの併売を行いたい企業の方にとっては、「買取査定の属人化を解消したい」「実店舗とECの在庫状況を自動で連動させたい」というような課題を抱えている方もきっと多いはずです。

リユース向けクラウド型POSシステムReCOREでは、セルモアのEC関連機能に加えて買取査定機能や在庫管理機能などの機能を多数搭載しています。

ここから、ReCOREの各機能について紹介します。

買取査定機能

買取査定

古物の買取査定を行う際には、その商材に関する知識や経験が必要になるため、店舗の中で買取査定業務を行う人材が限られてしまうという課題があります。

ReCOREでは、このような買取査定の属人化を解消するための機能として、買取査定機能を搭載しています。

買取査定機能では、実際に他のECモールで販売されている同一商品の最低価格を確認することができます。

商材に関する知識や経験がないスタッフの方でも、この価格を見ることで他店の実際の価格を参考にした買取査定を行うことが可能です。

またECモールだけでなく、自社が過去に買い取った履歴を確認することも可能なため、他社だけでなく自店舗の過去の買取データを元に買取価格を決めることもできます。

これらの機能を活用することで、スタッフごとに買取価格が異なるといったような買取査定業務のばらつきを防ぐことができ、買取査定の質を高めることができます。

在庫管理機能

在庫管理画面

実店舗とEC両方で商品を販売する「併売」を行う際には、実店舗とECの在庫連携が必須になります。

しかしながら、システムを導入せずに在庫連携を行うためには、実店舗で商品が購入されるたびに手動でEC上の在庫数を変更するといったような工数が必要になります。

そのような在庫の管理方法だと、スタッフの業務負荷が大きくなり、人件費がかさんでしまうリスクもあります。

ReCOREの在庫連携機能では、実店舗とECの在庫情報を一元管理できるため、リアルタイムで在庫数を把握できます。

また、在庫数だけでなく在庫の原価や滞留日数まで把握できるため、どのジャンルの商品が人気のあるのかを分析して抱える在庫の適正化を図ることも可能です。

ReCOREに関するお問い合わせ以下のバナーをクリック

まとめ

古物商は、メルカリやヤフオク!などのサービスが普及したこともあり、以前よりも稼ぎやすいジャンルの1つだと言えます。

しかしながら、古物の知識や市場に関する知見を蓄えていないと、長期的に稼ぎ続けることは難しくなってしまいます。

弊社には、リユース業界に関する知見を持ったコンサルタントが複数いるため、古物商への新規参入に関するご相談に関しても対応することが可能です。

本記事の後半で紹介したセルモアは、現在3ヶ月無料キャンペーンを行っています。

セルモア導入に関するお問い合わせ以下のリンクからお気軽にお試しください。

セルモア導入に関するお問い合わせはこちらから

バナー

監修者:本荘 幸大

卒業後は株式会社船井総合研究所に入社し、ヘルスケア業界やフィットネス業界、飲食業界など幅広い業界のコンサルティングに従事。その後2022年4月より最年少メンバーとしてNOVASTOに入社し、リユース・リテール企業へのコンサルティングを行いながら社内ではマーケティングチームの立ち上げも行っている。

導入相談無料! お気軽にお問い合わせください。

関連コラム一覧